ご家庭でもぜひ実践してください!優しさで食事が楽しくなる調理テクニック

2017年09月27日

 view

 

ジャンル
介護
エリア
日立市
ひたちなか市
水戸市
常陸太田市
東海村
その他
キーワード
コツ
調理技術
調理実習
調理テクニック
訪問介護サービス
日立南介護ステーション
日立ライフ
介護職員
介護料理
中郷介護ステーション サービス提供
メニュー
ナス
高齢者向けメニュー
日立ライフの訪問介護サービスの中でもお客様に喜ばれている調理。
今回は実習現場から、ご家庭でも「使える」調理テクニックをご紹介します。

互いに腕を高め合う定期的な調理実習

訪問介護サービスの中でも、特にお客様から喜ばれているのが調理。お客様の健康づくりのために「食」は大切なテーマです。

訪問介護では、お客様の体調や好みに配慮しつつ、その日その家にある食材から、その場でメニューを考えて調理しなければなりません。

そこで日立ライフでは、介護職員同士で定期的に調理実習を行っています。

「限られた時間内に、栄養バランスを考えながら、手早く、簡単にできることが大切。ベテランの職員でも料理で悩んでいるんですよ」と講師の小野寺さん。

実習ではより多くのメニューを作るため3班に分かれてそれぞれ「卵、豆腐、ナス」の食材を使い、計10種類を調理

「互いに包丁の使い方や火加減など、料理のコツを教え合いながら、調理技術を向上させています」とのこと。調理実習の成果は、それぞれの介護ステーションに帰って、現場の職員の皆さんと共有していくそうです。


参加された介護職員の方に講習会の感想を尋ねました。
「不思議ですよね。ふだん交流の少ない他地域の職員と一緒に班を組んだのですが、いざ調理をはじめるとぴったり息が合うんです」と日立南介護ステーションの小沢さん。日頃から調理技術が共有されていることを強く実感されていました。
<日立南介護ステーション 訪問介護員 ホームヘルパー2級>小沢 みな子さん

家庭で介護料理を作る注意点

リ・ライフ読者のために、家庭で介護料理を作る際のポイントを小野寺さんに伺いました。

「食べ物の柔らかさと大きさには気を遣ってください。ナスやキュウリの皮など、私たちが普通に食べられるものが、入れ歯の方には食べづらかったりします。それと大きさ。高齢になると飲み込む力が弱まるので、大きさには注意が必要です」とのこと。

その人の体の状態に配慮したひと手間。その優しさと調理技術が介護料理の秘訣でした。

美味しく食べてもらうための5箇条!

3つの食材で10品!

調理実習で作った10種類のメニューのコツを掲載しています!

詳しい料理のコツはこちらから → 

介護料理は「寄りそう気持ち」が大切

高齢の方は昔から自分が食べていた料理や味付けを喜ばれます。
健康状態がよろしければキッチンに椅子を用意して、調理法や味付けを教えてもらいながら作るのもひとつの手です。たとえば胡麻和えも、隠し味にみそを使う方もいれば、しょうゆを使う方もいます。
自分の料理を押しつけるのではなく、召し上がる方に寄りそう気持ちが大切です。
<中郷介護ステーション サービス提供責任者 介護福祉士>小野寺 康子さん
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前に情報提供元等にご確認ください。

情報提供元

日立介護ステーション

日立介護ステーション

住所:
茨城県日立市城南町3-4-1Map
電話番号:
0120-294-468
Webサイト:
http://www.hitachi-life.co.jp/kaigo/

訪問介護のお問合わせはこちらから
営業時間/9:00〜17:45 定休日/土・日曜日・祝日

日立グループの「日立ライフ」が安心と快適な暮らしをサポートいたします。
まずはお気軽にご連絡ください。

日立南介護ステーション

日立南介護ステーション

住所:
茨城県日立市水木町2-19-20Map
電話番号:
0294-29-3733

ひたちなか介護ステーション

ひたちなか介護ステーション

住所:
茨城県ひたちなか市石川町20-1Map
電話番号:
0120-294-408

中郷介護ステーション

中郷介護ステーション

住所:
茨城県北茨城市中郷町上桜井2865Map
電話番号:
0120-294-437

文:リ・ライフ編集部

この記事に対するリ・ライフ会員のコメント

この記事には0件のコメントがあります。
コメントはリ・ライフ会員のみが閲覧することができます。


関連記事

ページの先頭へ