【住宅取材】リフォームテクニックを一挙公開!!

2017年09月27日

 view

 

ジャンル
ライフスタイル
エリア
日立市
キーワード
アクセントクロス
寄せ木造り
家具
壁紙
住宅
リフォームテクニック
ミッドセンチュリー
マンション
フラワーアレンジメント
デザイン家電
サーフィン
コーディネート
コピーライター
カフェオーナー
インテリアリフォーム
アネージュ会瀬ザ・フォート
屏風
今回は、日立ライフ「アネージュ会瀬ザ・フォート」の建物内モデルルームを参考に、壁紙を使ったインテリアリフォームをご紹介いたします。長年住んだお住まいの雰囲気を変えたい方はもちろん、中古住宅を購入してリノベーションされる方や新築を購入される方に、ぜひ参考にしていただきたいリフォームテクニックを掲載しています。

まずはお部屋全体のイメージづくり

あなたの憧れのライフスタイルは?

何事もまずは全体の構想をイメージすることから。

特に住宅のリフォームの場合は、大切にしている趣味や、好きな旅行先、憧れていたライフスタイルを参考にするのが良いでしょう。
南洋リゾートをモチーフにしたり、お気に入りのカフェを真似するなど、まずは自分の「好きな空間」を具体的に思い浮かべてみましょう。
インテリアリフォームのメインテーマは自己表現です。よくある画一的な生活空間ではなく、自分らしい二つとない場所をつくること。これがインテリアリフォームの魅力といえます。

ちなみにアネージュ会瀬ザ・フォートのモデルルームでは、
①フラワーアレンジメントの仕事をする女性、
②独身男性でサーフィンの好きなコピーライター、
③カフェオーナー夫妻をペルソナ(架空の人物像)
に設定しました。

自分の好きな空間がすぐに思い浮かばない方は、好きな映画やドラマに出てくる登場人物の生活シーンを参考にしてみるのも良いでしょう。

①フラワーアレンジメントの仕事をする女性

フラワーアレンジメントといえば、ブライダルの華やかなイメージ。アクセントクロスを大胆な花柄にしつつ、天井クロスにシックな赤系色を配置して大人っぽくさせています。

②独身男性でサーフィン好きのコピーライター

サーファー文化の発祥はアメリカ西海岸。カリフォルニアらしい自由な雰囲気をお部屋の中に取り入れています。
天井の木目調クロスと縦ストライプのクロスが爽やかな男性らしさを演出していますね。

③カフェオーナー夫妻

カフェインテリアといえば落ち着きのある空間です。アクセントクロスはグレー調のトーンを抑えたものを使用し、家具は寄せ木造りのテーブル、革張りのソファなど、素材感にこだわったコーディネートを行ないました。

壁紙が部屋のイメージを支配する!?

思いきって壁紙にアクセント柄を取り入れてみよう!!

海外のホテルに泊まると柄のある壁に驚かされるものです。
現代日本の住宅では万人が扱いやすい色として、長いあいだ白系の壁紙が使われてきました。
しかし2010年代になってからは住宅文化に個性や多様性が浸透してきたのでしょうか、柄のある壁紙がアクセントとして多く使われるようになりました。分譲マンションでもオプションに壁紙を選ばれる方が多くなりました。

余談ですが昔の日本家屋では、屏風や襖(ふすま)といった室内のイメージを決定づける絵や柄のあるインテリアパーツがありました。柄ものの壁紙は現代の屏風や襖の役目を果たしているのかもしれません。

花柄のクロスに似合うフレンチカントリー調の白い家具。

ストライプのクロスを同調させた飾りボードとラグマット。

隣の和室までアクセントクロスを貼る。梁まで貼ることで視覚的に高さを演出することができます。

インテリアに質感をもたらす決め手は家具です。

壁紙やカーテンでどんなにオシャレなコーディネートをしても、家具に本物感がないと浮ついた空間になりがちです。木や鉄、石、革などはそれ自体の持つ質感がいい意味で主張してくれます。
予算が許すのであれば質感のある家具の購入をお勧めします。
もちろん高価な家具の場合、子育て世代が遠慮してしまうのも無理はありません。
家族の成長を待って大切にしたい家具を購入する人も多いようです。

アクセントにデザイン家電を置いてみよう

もはや家電はインテリアデザインの一部!?

21世紀初頭の頃からデザイン家電が流行しています。
シンプルモダンから、ミッドセンチュリー、アンティークなど、さまざまなデザイン家電が人気を博してきました。既存電器メーカーの画一的な大量生産品に対抗する文化として出現したデザイン家電。現在はインテリアの一部としてトータルコーディネートになくてはならないアイテムになりました。

リフォームは自分らしさの発見です。

特に家具や家電はリフォーム後に少しずつ揃えていって空間の雰囲気を確かめるのが良いでしょう。
大切な住まいを末長く楽しく暮らすために、壁紙を使ったインテリアリフォーム。
皆さんもぜひチャレンジしてみませんか。
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前に情報提供元等にご確認ください。

情報提供元

株式会社日立ライフ ひたちなか支店

株式会社日立ライフ ひたちなか支店

住所:
茨城県ひたちなか市石川町27-17Map
電話番号:
0120-611-620
営業時間:
10:00~17:00
休業日:
水・日曜日(リフォーム)
Webサイト:
https://www.re-life-club.jp/reform/

株式会社日立ライフ 日立支店

株式会社日立ライフ 日立支店

住所:
茨城県日立市城南町4-1-10Map
電話番号:
0120-0294-88
営業時間:
10:00~17:00
休業日:
水・日曜日(リフォーム)
Webサイト:
https://www.re-life-club.jp/reform/

文:リ・ライフ編集部

この記事をお気に入りに入れたリ・ライフ会員

  • ちゃこ

この記事に対するリ・ライフ会員のコメント

この記事には0件のコメントがあります。
コメントはリ・ライフ会員のみが閲覧することができます。


関連記事

ページの先頭へ