関東の酒どころ!いばらきの美味しい地酒セレクション<県北エリア編>

2017年08月10日

 view

 

ジャンル
グルメ
エリア
日立市
常陸太田市
その他
キーワード
いばらき
蔵元
県北エリア
森島酒造
桃源
根本酒造
松盛
日本酒
常陸太田市
岡部合名
地酒
古代さけ紫しきぶ
久慈の山
ベリーダンス
銘酒
美味しい水と米があるいばらきは、関東一の酒蔵数を誇る「酒どころ」!

県内全域で40を超える蔵元があり、それぞれ個性豊かな酒を醸しています。

今回は、その中でもリ・ライフ編集部がオススメしたい、県北エリアにある蔵元の地酒をご紹介します♪

日立市/森島酒造「大観」

日本画家・横山大観も愛した地酒。日本有数の食中酒「大観」!

白砂青松の浜辺が続く鵜の岬すぐそば、という酒蔵で作られた日本酒。それが名画伯・横山大観が命名した銘酒「大観」を造る森島酒造です。

こんなにも海の近くにある酒造は全国的に見ても珍しい存在。
鉱物質を豊かに含む硬質の天然水は、日本酒を造るのには難しいものの、とても美味しいお酒を産み出します。

事実、ここ森島酒造の銘酒「大観」は全国新酒鑑評会でも、IWC(インターナショナルワインチャレンジ)でも高い評価を得ています。

現専務の森嶋鎮一郎さんは茨城県ではじめて南部杜氏試験に合格。県内でも先駆けて、自社で杜氏を抱える蔵元となり、オリジナリティの高い日本酒造りに取り組んできました。

そんな森嶋さんがめざしているのは「最高の食中酒」
毎日の食事に寄り添うお酒です。

旨味に溢れ、でも甘味やくどさは残さず、すっきりとしながらも個性を感じる酒…、それがこの「大観」の特徴です。

冬はアンコウ鍋とともに一献!!最高です♪

http://www.taikan.co.jp/

常陸太田市/岡部合名「松盛」

明治8年創業。全国新酒鑑評会で数々の受賞を重ねる銘酒!

常陸太田市の南部、水田地帯に囲まれた環境に蔵を構える岡部合名。

代表銘柄「松盛」をはじめ、地元にちなんだ銘柄や、梅酒、リキュール。地域民と協力して栽培した地元米で醸した「自酒プロジェクト ご縁だね」など、地域に根ざした酒造りをしています。

現在は、5代目の守博さん、そして6代目を継ぐ彰博さんが協働。
市内外のイベントにも積極的に参加されていて、新しい商品や取り組みも多数!(常陸太田の新名所・竜神バンジーを飛んだ酒米で作った地酒も…!)
そんな岡部合名でオススメしたいのは、松盛・純米酒と純米吟醸酒。常陸太田の農家と協力して丹精込めて育てたお米、常陸太田の清流・里川流域の水。つまりすべてを地元産素材で作った地酒です!
香りがよく、飲み飽きない。そして、食中酒としても◎。
米のふくよかなうまみがしっかりと感じられるので、味付けの濃い食べ物にも負けない味です。

常陸太田名物の「けんちんそば」との相性も良いとか♪
https://www.matsuzakari.co.jp/

常陸大宮市/根本酒造「久慈の山」

県内指折りの歴史を誇る老舗蔵!連綿と続く「旨い酒」

常陸大宮市の旧山方町、奥久慈大子の玄関口にある根本酒造。創業は慶長8年。

関ヶ原の合戦の3年後だとか!
かつて常陸国一帯を治めていた「佐竹氏」に仕えた家臣を先祖に持つという根本酒造。
現当主でなんと20代目を数える、老舗の蔵元です。
伝統ある酒造りを守るのはもちろん、新銘柄へのチャレンジも続けています。

清流と名高い久慈川を目の前に望む蔵元。
根本酒造では代々、近くにある神社に湧く御神水を仕込み水に使っているそうです。
醸すのは、熟練の南部杜氏と蔵人。代表銘柄の「久慈の山」は、すっきりとした口当たりの淡麗辛口の中に豊潤な味わいを感じさせる、日本酒らしい日本酒です。キリリと冷やして、奥久慈軍鶏や、塩味がきいた鮎との組み合わせもよさそうです!
また、2014年秋に登場した「カミマル」もぜひ一緒に飲み比べてみてほしい一本。
こちらは、より旨口感を楽しめる、やわらかでまろやかな味わいをめざしたそう。
女性にもオススメの地酒です!
http://www.kujinoyama.com/

番外編・こちらもオススメ:古代さけ 紫しきぶ

とっても珍しい、赤紫色のお酒を見つけたのでご紹介します♪

こちらは、常陸太田市の旧里美村にある「井坂酒造店」のお酒。「古代さけ 紫しきぶ」です。
朝紫という古代米を使って作っているそうです。お酒の色は、この古代米由来の自然な色なんですね。

わたしも実際に飲んでみたのですが、ほんのり甘さがありとっても飲みやすいんです!
個人的には、食前酒に飲みたいお酒…。
ちなみに朝紫について調べてみると、黒米の一種で、ポリフェノールをはじめビタミンや食物繊維など栄養豊富!美容にも良さそうです♪
http://www.isakasyuzou.co.jp/
<今回オススメしたのは・・・>
Nemosuko

普段からお酒が好きで日本酒もたまに飲みますが、いくつかの銘柄を飲み比べてみると味の違いに驚きます!
日本酒の材料は、基本的に「米、水、麹」と、とってもシンプルなんですが、使う材料や場所、仕込む職人さんによってそれぞれ全く違うものが出来上がります。
中には白ワインのような味を感じられるものがあったり、甘いものもあったり。同じ銘柄でも、純米・吟醸・大吟醸などの違いで味わいや香りが異なりますし、燗や冷など飲む時の温度によってもまた風味が変わる!

いろいろな日本酒を試してみて、自分のお気に入りを見つける楽しみにハマっちゃいました♪

また、ご紹介した地酒の中には、西山荘入り口の「西山の里 桃源」でお買い求めいただけるものもあります!

桃源では、8月20日(日)に「ベリーダンス」のステージが開催されるそうなので、暑さを吹き飛ばしてくれる情熱的なベリーダンスを楽しみつつ、お気に入りの地酒を見つけてみてはいかがでしょうか!?
http://www.life-manage.jp/nishiyama/topic_170820.html
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前に情報提供元等にご確認ください。

情報提供元

【常陸秋そばが召し上がれます】西山の里 桃源

【常陸秋そばが召し上がれます】西山の里 桃源

住所:
茨城県常陸太田市新宿町576Map
電話番号:
0294-73-1300
Webサイト:
http://www.life-manage.jp/nishiyama/

「西山の里 桃源」のお食事処では、常陸太田金砂郷産極上の石臼挽き常陸秋そば粉を使用したせいろそばが召し上がれます。

<当店の人気メニュー No1!>

常陸秋そば御膳(1,100円)

(セットメニュー内容)
常陸秋そばせいろそば・名物の大きなかき揚げ・手作りさしみこんにゃく・お稲荷さん2ヶ・漬物

この記事を書いた人

この記事をお気に入りに入れたリ・ライフ会員

  • ちゃこ

この記事に対するリ・ライフ会員のコメント

この記事には0件のコメントがあります。
コメントはリ・ライフ会員のみが閲覧することができます。


関連記事

ページの先頭へ