夏にピッタリのかごバッグを簡単ハンドメイド!

2018年08月03日

 view

 

ジャンル
ライフスタイル
エリア
日立市
ひたちなか市
水戸市
つくば市
土浦市
常陸太田市
かすみがうら市
東海村
牛久市
その他
キーワード
かごバッグ
ぬくもり
ひも
ハンドメイド
ファッション
手作り
素材
夏にピッタリのおしゃれなかごバッグ!
100円均一ショップで販売されているアイテムや、古着を材料にしてハンドメイドする方が増えています。

おしゃれなかごバッグを購入したいと思っている方の中には、「市販のかごバッグは大きすぎてかさばってしまう」「好みのデザインが見つからない」等、悩んでいる方も少なくありません。

そんな中、かごバッグを身近な場所で手に入る素材を活用して、自分だけのハンドメイドかごバッグを制作するという女性が増えてきています!

手作りバッグというとハードルが高いと感じる方も多いですが、初心者でも手軽に挑戦出来る「ひも」や「不用品」を利用したハンドメイドが注目されているのです。

100円均一ショップや着なくなった洋服は素材の宝庫!

身近なアイテムを利用してハンドメイドをする際に欠かせなくなってくるのが「100円均一ショップ」です。
かごバッグ作りをするために必要な材料を手軽な価格で揃えることが出来るメリットがあります。

かごバッグというと、専用の蔓やひごを用意して一から編んでいく必要があるとイメージしてしまいますが、100円均一ショップで販売されている収納用のかごをベースにして、クラフト用の持ち手と着なくなった洋服などを組み合わせれば巾着型のかごバッグなども簡単に作成することが出来ます。

100円均一ショップで販売されている商品というと、品質に不安を感じてしまう方は多いですが、近年になって素材や柄の種類が豊富になっていることや、用途に合わせてサイズが豊富なかごの販売などもおこなわれているので、100円の商品でも品質の高さが注目されているのです!

また、ハンドメイドに使用するアイテムなども数多く取り扱いされているので、自分だけのオリジナルかごバッグも短時間で手軽に作ることが出来るのも魅力ですよ♪

手でざっくり編むだけ!夏にピッタリかごバッグ

初心者でも気軽に作ることが出来るかごバッグの作成方法として、100円均一ショップで夏季などによく販売されている「シーグラスマット」と「デニムヤーン」を利用した編み込みバッグがおすすめです。

シーグラスマットは乾燥した水草でザックリ編まれた通気性&速乾性抜群の高い素材のマットで、主にバスマットとして利用されています。

シーグラスマットを二つ折りにして、デニム素材が糸になっている手芸用品のデニムヤーンを側面に編み込んでいくだけで簡単にバッグを作ることが出来ます。
両サイドをざっくり編み込んでいくだけなので、高い技術力は必要なく小さなお子さんでも簡単に作ることが出来るのも大きな魅力の一つです。

袋部分が完成したら残っているデニムヤーンを約140㎝の長さに3本切っておき、シーグラスマットの上から三列目部分あたりに3本を通して、緩めに三つ編みにすることで一本の紐を作ります。
あとはマットのもう片方の面に紐を通して固定すれば、シーグラスマットとデニムヤーンの2つだけで本格的でぬくもり感のあるおしゃれなかごバッグを作成することが出来ます。

子供の古着で夏かごが簡単に作れる!針も糸も使いません

自宅に小さなお子さんがいる場合、お子さんの成長は早いのでせっかく購入した洋服もすぐ着ることができなくなり、そのままゴミとして捨ててしまうのはもったいないと感じている方は少なくありません。
特にお子さんが気に入っている洋服などは、そのまま捨ててしまうよりも古着をリメイクして子供用の夏かごバッグにリメイクする方法をおすすめします!

【作り方】
①タンクトップやキャミソールなどの子供用の洋服と、100円均一ショップで販売されている気に入った大きさのかごの2つを用意。
②タンクトップやキャミソールの半分あたりから下にかけて、切り込みを縦方向に入れていきます。
 この切り込みは最終的にかごに編み込むので細すぎないようにある程度幅をあけて切ることがポイントです。
③かごの網目に対して、切り込みをいれた裾を1本1本通していきます。
 タンクトップ、キャミソールの切れ目が抜けないように一本ずつ玉止めをして固定すればおしゃれで可愛らしいハンドメイドカゴバッグの出来上がりです。

針も糸も一切使用しないのでお子さんと一緒に作りたいという方にもピッタリです。

夏のファッションに涼しげでおしゃれなかごバッグを取り入れたい。
しかし、市販のバッグはサイズが大きすぎたり、気に入るデザインが少なく良いものがなかなか見つからないものです。

自分の欲しいサイズ、自分の欲しいデザインのかごバッグを作る方法として、100円均一ショップで手に入る材料や、不要になった洋服を活用するとリーズナブルで使いやすいかごバッグを作成することができますよ。

この夏はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか♪
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前に情報提供元等にご確認ください。

文:こいけももこ

この記事に対するリ・ライフ会員のコメント

この記事には0件のコメントがあります。
コメントはリ・ライフ会員のみが閲覧することができます。


関連記事

ページの先頭へ