狭い部屋もちょっとした工夫で広く見える!
簡単テクニック3選

2021年05月20日

 view

 

ジャンル
ライフスタイル
エリア
日立市
ひたちなか市
水戸市
つくば市
土浦市
常陸太田市
かすみがうら市
東海村
牛久市
その他
キーワード
インテリア
カーテン
スペース
奥行き
家具
広く
整理整頓
模様替え
狭い
部屋
狭い部屋はどうしようもないと思いがちですが、使う色や物の置き方などで広く感じさせることは可能です!

できるだけ広さを感じられるように、日々の整理整頓を意識していきましょう。

部屋が広ければインテリアに悩むことは少ないかもしれません。
しかし、実際には日本の住宅は部屋数も少なく、狭い部屋が多いのが現状です。
そうなると収納も足りませんし、何より生活に余裕がないように見えてしまいます。

こうした状況でも心や生活に余裕ができるように、ちょっとした工夫を取り入れていきましょう!
今すぐにできることもありますし、模様替えなどで対応できることもあります。
是非参考にしてみてください♪

No.1 床を見せる = 床に物を置かない

狭い部屋だと感じてしまう原因として、部屋の中に物が多すぎて床が見えなくなっていることが挙げられます。
物で床を埋め尽くしてしまっていると、空間の奥行きが感じられないので必要以上に狭く見えてしまいます。
そのためにまずは床をしっかり見せるように、物を床に置かないという事を心がけていきましょう!

帰宅した時についついバッグを床に置いてそのままにしていたり、買ってきたものをそのまま床に置いている、という事もあるでしょう。
そういった状況が続くと、床の面積はいつの間にか狭くなってしまい、全体が片付いていない印象になってしまいます。そのような状態の中で暮らすことは、快適さとはほど遠い状況になってしまいますよね。

次に、定期的に物を処分する癖をつけるようにしていきたいものです。
出すべきゴミはその都度出す。使っていないものはその都度処分する。
当たり前のことですがきちんと行っていきましょう。
そうすることで床が見えるようになり、広さを感じられるようになりますよ!

No.2 鏡で奥行きを出す

綺麗に片づけていて物も少ないけれど、なんとなく狭く感じてしまうという事もあるでしょう。
部屋の形や大きさによっては、いくら整理整頓をしても限界があると思いがちですが、奥行きが出ると広さを感じやすくなります。
視覚的に奥行きを感じることができるように、を設置してみると良いでしょう。姿見などの大きな鏡だと効果も大きくなります!

部屋の奥に設置しておくことで、その先にも広くスペースが広がっているという印象を得ることができます。

実際に広くなるわけではありませんが、気持ちの上で広さを感じられれば、過ごし方や気持ちに変化が出てくることでしょう。

スペース的に大きな鏡を設置することが難しいという場合には、小さい鏡を目線の高さに置いたり、ドレッサーなどの配置を変えてみるというのも良いでしょう。
また、鏡だけではなく低めの家具などで統一することで、奥行きが感じられることもあります。

配置についても、こだわっていくとそれほど広くないところでも広さを感じることができるようになり、暮らしにゆとりが生まれやすくなるのです。

No.3 白・ベージュなどナチュラルカラーで統一

これから部屋全体の模様替えをしようとしている方や、新しい部屋に入れる家具やカーテンを決めようとしている方は、ぜひについて考えてみるようにしてください。

モノトーンなどはシャープな印象があり男性や若い方に人気がありますが、黒など重たい色が多くなることから部屋が狭く見えてしまう事もあります
若い女性はカラフルなインテリアを好まれる方も多いですが、多くの色を使いすぎることで部屋の中が乱雑に見えやすく、部屋を狭く感じさせてしまうという事もあるのです
そうなることを防ぐためにも、はじめにどのようなアイテムを選んでいくか、という事は重要なポイントです。
白やベージュなど明るいナチュラルカラーを選んでいくと、広がりを感じ部屋全体が明るくなるのでオススメです

特に、広い面積の壁やカーテンは明るい色を選んでみましょう!
模様もあまりうるさくないものにすると、広がりを感じやすくなります。

本などは、ブックカバーをして収納しておいたり、小物も統一した色のボックスなどに入れておくようにすると、スッキリ見えて部屋が広く感じられます。

部屋づくりは暮らし方を決める重要な要素でもあります。
これからの暮らしがより良いものとなっていくように、できる工夫から取り入れていきましょう。

まずは部屋の物を少なくしてスッキリさせて、鏡や家具、壁やファブリックといったものを使って視覚的にも広がりを作っていきます。
そうすることでより暮らしやすくなり、豊かな暮らしを実現することができるはずです。

まず問題となっている部屋をチェックして、どこに問題があるかを考えて今すぐ取り組めることからスタートしていきましょう!

★床の色をシックにしたい!
★壁紙も一新したい!
そんな時はプロにお任せください!
あなたの暮らしと住まいに合ったご提案をさせていただきます。
↓↓↓↓↓
日立リアルエステートパートナーズのリフォーム
↑↑↑↑↑
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前に情報提供元等にご確認ください。

文:ななのもり

この記事に対するリ・ライフ会員のコメント

この記事には0件のコメントがあります。
コメントはリ・ライフ会員のみが閲覧することができます。


関連記事

ページの先頭へ