リ・ライフトップ > 売りたいトップ > 不動産売却の進め方

イラスト

お役立ちコンテンツ 不動産売却の進め方

大切な不動産の売却にはご不安も多いと思います。
地域での信頼と実績のある日立ライフではお客様のニーズに合わせて最適なご提案をいたします。
ここでは売却のご相談、査定のご依頼から物件の引渡しまで、不動産売却の進め方をご説明します。

査定依頼・売却相談

イラスト

担当者が現地を確認の上、路線価や地価公示、取引事例などを基に、お客様ご所有不動産の売出価格をご提案させていただきます。

書類確認

イラスト

下記書類等をご用意頂き、物件の確定などさせていただきます。

① 登記済権利証
② 固定資産税納税通知書
③ 建築確認通知書
④ 建物図面

など

物件調査・価格査定

イラスト

対象不動産について、お客様から直接お話を伺い、その上で、現地や周辺環境の調査、建築法規や権利関係の調査、近隣の売出事例、成約事例などを調査し、価格査定を行います。

媒介契約の締結

イラスト

売却を決断されたら不動産会社との間に『媒介契約』を結びます。媒介契約によって正式に売却の依頼をしたことになります。

売却活動開始

イラスト

さまざまな売却活動を通して購入希望者を探します。
そしてお問い合わせをいただいた方に、実際に物件の見学をしてもらいます。

売却活動の一例

  • 不動産情報サイト「リ・ライフ」への掲載
  • リ・ライフ倶楽部会員様への新着物件メール配信
  • 既にご登録のお客様へのご紹介や新聞折込チラシの配布
  • スーモ、ホームズなど不動産ポータルサイトへの掲載

売買契約

イラスト

買主様との契約条件についての合意に達した時点で、売買契約の手続きを進めます。

残代金の授受・物件引渡し

イラスト

引渡し日までに、抵当権の抹消手続きや各種書類(固定資産税納付書・権利証・印鑑証明書など)の準備をし、引渡しの手続きをします。
主な手続きとしては残代金の受取り、固定資産税の清算、登記の申請、鍵の引渡しなどがあります。
これらが無事に完了すると引渡しとなります。

売却にかかる税金と諸費用

不動産譲渡所得税 不動産を売却した場合、譲渡所得に対する所得税及び住民税がかかります。この税金は、売却利益がある場合のみ課税されます。
印紙税 売買契約書に貼付する印紙代ですが、物件価格により変動します。
抵当権抹消費用 物件を担保に金融機関から融資を受けている場合(住宅ローンを含む)に、抵当権などの権利が設定されていることがあります。この場合、融資金を完済し残債が残っていなくとも、その権利の抹消手続きをしていなければ物件に設定されたままになっていますのでその権利の抹消の登記を行います。この費用は権利の種類や数によって異なります。
住所変更登記費用 所有者に関し、登記簿に記載のご住所と現住所に相違がある場合、物件引渡し時までに住所変更登記が必要となります。
仲介手数料 不動産業者との仲介として売買契約をする物件では一般的に仲介手数料がかかります。金額は物件価格により変動しますが、最高でも『売買価格の3%+6万円+消費税』までと決まっております。
※ 400万を超える物件について
修理修繕費用 修理や修繕をして引渡しをする場合に必要です。
(必要に応じて)
建物解体費用 更地での売買をする際に、解体すべき建物が残存する場合に必要です。
境界杭復元 隣地との境界がプレートなどで明示されていない場合、物件引渡し時までに明示して頂く必要がございます。その際、境界杭復元費用が掛かります。
(土地家屋調査士が実施)

無料査定・お問い合わせは メール、お電話、各店舗で承っております

<メールでのお問い合わせ>

無料査定・お問い合わせはこちら

<お電話、各店舗へのお問い合わせ>

電話番号・店舗一覧はこちら